ブログ

エベレスト街道2パストレッキングへの挑戦!9日目(トゥクラ~ロブチェ)

【ロブチェ Lobuche(4940m)へ】
トゥクラを出発すると早速現れるのが高低差250mの急登トゥクラパス。
前日はここを恐れてトゥクラでの宿泊に決めたのですが、体調も元に戻ってきているので案外あっさりとクリアしてしまいました。
朝一はこのように曇っていたのですが、

登るうちに晴れてきて、というか雲から抜け出して、

後方にタボチェとチョラツェの雄姿が見えてきました。

更に登るとまた違った景色が。
真ん中の尖った山はアマダブラムです。すっかり見事な三角山になりました。
下に見えるのはトゥクラです。こうやって見てもなかなかな登りです。

パノラマ写真です。

見事な景色を楽しんでいるうちにトゥクラパスを登りきることができました。
このトゥクラパスの正体は氷河の終点、エンドモレーンというものです。
エンドモレーンとは氷河が押してきた岩石などの堆積物の集まりなのですが、さすがにエベレストから流れ出てくるクーンブ氷河の堆積物ともなると一つの丘になる程の規模になります。
航空写真を見ると一目瞭然なのですが、トゥクラはエンドモレーンの麓にあり、トゥクラパスの頂上はエンドモレーンの上端にあることがわかります。

ここからはクーンブ氷河沿いを歩いていくことになります。
さて、トゥクラパスを上がると沢山の石碑が目に入ってきます。これらはエベレストで命を落とした登山家やシェルパ達の慰霊碑です。

その中に1996年のエベレスト大量遭難事故で亡くなったアドベンチャーコンサルタンツ社のロブ・ホールとマウンテンマッドネス社のスコット・フィッシャーの慰霊碑を見つけました。

やはり山というものは危険で、それでもなお魅力的なものです。エベレストで亡くなった多くの方々に手を合わせ、ロブチェへと足を進めます。
進行方向には見事な山々が見えてきました。
中央左手の見事な三角形の山がプモリ Pumori(7161m)、中央の小三角がリントレン Lingtren(6714m)、その右がエベレストのすぐ北にある山クンブツェ Khumbutse(6636m)です。
一番右の見切れている山がエベレストのカーテン、ヌプツェです。もうエベレストが間近に迫ってるんだなという実感が湧いてきました!
この位置からはうっすらとしか見えませんがプモリの麓にはカラパタール Kala Patthar(5644m)というエベレストの展望台として知られている丘があります。
我々はこのカラパタール登山も今回の旅の大きな目的としています。

左(西)を見たところです。中央の岩山がロブチェ Lobuche(6119m)です。
手前の斜面の中腹に白く見えている道がエベレストベースキャンプからの帰りに通るチョラパスへ向かう道です。

トゥクラパスを登りきると後は平坦です。
しばらく歩いているとロブチェが見えてきました。

さあロブチェ Lobuche(4940m)につきました。名前の通りロブチェ山の麓にある村です。

ここから先は水環境、食事環境、睡眠環境、トイレ環境がシビアになってくるので宿選びが特に重要になってきます。
本日泊まる宿はトゥクラの宿でおススメされたNew EBC guesthouse Lobucheです。ここは料理が良く、スタッフも良い居心地の良い宿でした。
なお右に飛び出ているミサイルの先っちょみたいな山はプモリです。

まずは昼食。ピザを頬張るZ君。
食べるものも固定化してきました。ピザ、シェルパシチュー、トゥクパ、モモ、パスタ等。

さて、時間もまだ早いので散歩がてらクーンブ氷河を渡ってみることにしました。
これを渡ると私達が本来通ってくるはずだったコンマラパスの出口が見えるはずです。
パノラマ写真の左側が氷河の中、右側がロブチェの村です。そしてそれを隔てる石礫の丘陵部、この写真を撮影している場所がサイドモレーンです。
氷河の中は迷いやすいので所々にこのように目印の旗が立っています。

融けた氷河湖。宝石のようなとても美しい輝きでずっと見ていたくなりますが、氷河湖自体は温暖化の影響で増えてしまっているらしいので、複雑な心境。

氷河上からのパノラマ写真。

凍った氷河湖でたそがれてみます。

クーンブ氷河の上流を見たところ。この氷河が右に曲がっていった先にエベレストがあります。

クーンブ氷河を渡りきりました。
中央の谷あいにコンマラパスから続いてくるトレッキングルートがあります。遠くから見てもかなり険しそうなことがわかります。
体調さえ良ければ私達もあそこから降りてくるはずだったのに(ToT)本当に悔しかったです。

いつかまた挑戦したい!

この日の移動距離は6.3km。所要時間5:35、うち移動時間3:04。最低標高4603m、最高標高4963m。
明日はいよいよエベレストベースキャンプにアタックします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »